【大暴露】KWスクールの評判、受講料は大丈夫?怪しい?詐欺ではない?

kwスクール

はろーはろー、近藤さんです。

今日は、ライティングスクールのレビューをしたいと思います。

最近見つけたスクールなのですが、KWスクール(ケーダブリュースクールと読むそうです)についての口コミを調査していきたいと思います。

中身はどんなスクールなのか?ちゃんとしたスクールなのかとかを調べて、レビューしちゃいます。
さて、KWスクールの中身と実態に迫るります。

KWスクールというwebライティングスクールについて

KWスクールはどうやらライティングの学習と個別指導を行っているライティングスクールのようです。

1to1で指導を行って、受講生がライターとして稼げるようになるまでに、指導をしているなどのようです。

指導を行われているとのことで、何を学ぶことができるのか気になりますが、そこの部分を詳しくみていきたいと思います。

 

・一流のWEBライターを目指す

ということを謳われています。一流のウェブライターとは何なのかが定義としてまず気になるところではありますが、そのような理念をもとに指導の方を行われているようです。

HPの方を見たところ、記事がいくつかあったので、KWスクールがどのようなスクールなのかをこちらで確認することができます。

まずは月5万円!WEBライター初心者が達成するには?実体験を元に語ります - KWスクール ~1流のWEBライターを目指す~
【難しい?】Webライターが月5万稼ぐのは簡単!最短ルートを現役ライターが解説 - KWスクール ~1流のWEBライターを目指す~
「Webライターで月5万円って現実的?稼げるの?」とお考えではありませんか。結論からいうと、月5万円はかなり現実的な数値です。なぜそう言えるのか、またどうすれば月5万円をWebライターで稼げるのか、当記事では解説しています。
【超基本】Webライターの文章の書き方の流れ7ステップと9つのコツを徹底解説! - KWスクール ~1流のWEBライターを目指す~
「Webライターの文章の書き方がわからない」とお困りではありませんか。当記事では文章の書き方の流れを7ステップで解説しています。あわせてより良い文章を書く9つのコツも現役Webライターが解説しています。ぜひ参考にしてください。
【難しい?】Webライターの仕事内容は?何を書く仕事か現役ライターが徹底解説! - KWスクール ~1流のWEBライターを目指す~
Webライターの仕事内容ってどんな感じ?と思われていませんか。結論、Webメディアで文章を書けばWebライターなので、仕事の幅は無限にあります。とはいえ、それだけでは分かりづらいので、具体例を当記事では紹介いたします。

これらの記事ですね。記事全般では、webライターについてわかりやすく解説がされています。


具体的なスクールの内容や指導の内容については解説は見当たりませんでしたね。
HPにはスクールの講座情報は恐らく掲載されていないように思います。

 

講座情報がないのは気になりますが、実際に直接、問い合わせのメッセージを送ってみた方が良いかもしれません。

 

入会者の声はどうか?と思い、何個か調べてみました。
すると、いくつかの声がこのような形で見つかりました。

 

【大丈夫?】KWスクールの評判!7ヶ月受講してみての感想・口コミを暴露します!
こんにちは、やえです。今回はKWスクールというライティングスクールに入ってから7ヶ月が経過したので、そのお話をしたいと思います。もともと私は主婦で、家事や子育ての間にお金が稼げたらな〜と思って始めようと思いました。そんな私がKWスクールに入ってみて感じたことや、学べたこと、実際に稼げるようになったのかまで含めてお話をし...
【体験談】KWスクールは稼げる?稼げない?評判・口コミを教えます|hiuswoij|note
こんにちは、さえです。 今回は、私がWEBライターになるきっかけとなったKWスクールについてご紹介します。 実際に半年間、KWスクールでWEBライティングについて学んだのですが、 「本当に稼げるのか?」 「しっかりスキルは身につくのか?」 「まさか詐欺ではないよね?」 などなど、気になる方は多いと思いますの...
どう?KWスクールの評判は良いのか!?ライティングスキルは身に付く??|雪絵|note
以前これらの記事にて、今の仕事に違和感を持っていること、妊娠を期に今後の働き方について再考する局面に立っていることについて書いてきました。 そして、まずは副業から始めるのが良いのか、思い切って退路を断つのが良いのかはまだ迷っているけれども、とにかく市場でお仕事を受注する経験を積む、と決めた...
【料金は?】KWスクールの評判と口コミまとめ。受講料や怪しいなどの評判
こんにちは、メディア編集部の宮田です。今回は、「KWスクール」という最近話題のライティングスクールについて見ていきます。「どんなスクールなのか?」「ライティングについてどこまで学べるのか?」「本当にしっかりとしたスクールなのか?」をこちらの
【辛口評価!】KWスクールの評判はどう?口コミを徹底調査!料金・受講料は?
「KWスクールって、本当に大丈夫なの?」「WEBライティングのスキルを身につけて稼ぎたいけど大丈夫?」「料金や受講料を知りたい!」と思われる方に向けて、KWスクールの口コミや評判を調査しましたので、今回はそのお話です。中には「怪しい」「詐欺

 

ブログ自体は検索したら、多数出てきました。
せっかくなので、1つ1つ内容を精査していきましょう。

 

大丈夫なのか?」は誰もが、気になるところですね。

これらの記事を見ていると、1ヶ月目で成果がいきなり出るわけではなく、最低でも4ヶ月、5ヶ月くらいを目処に成果を出していくようなイメージですね。

稼げるようになるまでの期間はそのくらいを想定する必要あり。

 

あとは、webライティングに加えて、セールスライティングも学べるようですが、どれくらい学習するかは人によって分かれるようですね。

 

まあ、そうだろうなと思います。

 

webライティングとセールスライティングは似ているようで、毛色が全然違いますから、同じライティングでも別のものと捉えておいた方が良いのかなーと勝手に思ってます、はいw

 

それ以外の部分を見れば、全体的にサポート自体は手厚かったとか、ちゃんとやってくれたという風に書いてる人がちらほら。

 

真偽の程は入会してみないとわかりませんが、信頼性の一種の、指標にはなるでしょう。

 

 

ただ、スクールの制度はどうなっているのか?は知りたいですよね。

そこがどうなっているのかが気になるので、教えて欲しいですし、もう説明会申し込んでみようかなとか勝手に思っています。

どーなんでしょうかね。

期間とか金額とか、サポート内容がわからないと、判断のしようがございません、というコメントになってしまうぜ。

まあそれはいかんので、ちゃんと情報はまとめますけど笑

あとは、KWスクールの名前の由来とか気になりました。←細かいところがいちいち気になるうざいやつですんません😞

さて続きを話していきましょう。

KWスクールの何に価値を見出すべきか?

さて、ウェブライタースクールとなっていますが、そもそも、あまり「ライタースクール」というのは耳にすることは多くはありません。

数自体、そんなにないかと思われますし、サービスとして他にライティングスクールってあるのかな?と勝手に思っています。

 

それはさておき、このライティングスクールというものにお金をもし払うとしたら、何に価値を見出すべきなのでしょうか?

 

まず、ウェブライターというビジネスモデルを確認しましょう。

 

どのような仕組みになっているのかですが、

企業から記事作成を頼まれて、「はいーわかりましたー記事作成しますよー」と伝えて、記事を書いて納品。

というのが流れですね。

 

記事の作成において、お金が発生しているわけですが、そうなると、


・高い単価のライティングのお仕事をもらうためにはどうするか?
・文章の書き方

 

の2つができていないと、仕事をもらう前に、まず、仕事にありつけないという感じになるでしょう。だからそれを防ぐために、ライタースクールでそれらを教えてもらうというのが目的となります。

 

そこの2点をしっかりと解説してくれるスクールなら、参加する価値はあるでしょう。

 

なので、ライターとしての収入というか、キャリアに直結するその2つをどれだけ学べるかが、このスクールに入るか否かを決める要因となりそうです。

ただ、私の考えとしては、ライティングの技術があれば、まー大丈夫じゃねえの?っていう風に感じているので、ライティング技術をどのくらい教えてくれるかどうかですよね。

 

ライターとしての活動になる以上、やはり自分を支えるのはライティング力であり、それでしかないと考えています。

 

ライティング力以外に何か必要なものがあるのでしょうか。
まあ、営業力とかはフリーランスとして活動する以上は必要になってきます。

 

なので、そこをどうと今更いうつもりはありませんが、やはりライティング力がないと続きません。

実際にライティング力がない状態で、クラウドワークスで活動している人をかなりの数見かけますけど、惨めとしか言いようがありません。

 

「記事を大量に作成可能です!」みたいなことを言い続けてるんですけど、それじゃー辛いよねっていう。

 

私も記事の作成の依頼をクラウドワークスで出したりするんですが、

応募を出すたびに、

「あ、またこいつ応募してきた・・またかよ・・・・」

 

みたいな人は結構います。スキルがないからこそ、継続取引を持ちけられないのでしょうね。

 

「いやいや、まずはスキルを磨こうぜw」

って思います。

 

スキルがない状態で、ライターする人とか一体何考えて生きてるんでしょうね。


料理の腕を上げようとしない人に、料理が務まりますか?
サッカーのレベルを上げようとしない人に、サッカー選手が務まりますか?

って話です。

 

まあ、そのライターの名前を晒すなんてことはしませんが笑

 

本当にアホとしか言いようがない、滑稽すぎて、鼻血が出そうです。


だから、ライティング技術を習得しようという意識は必要ですし、
その意識がなくなった時点で、稼げなくなります。

 

だから、まあ、そういう意味ではライティングスクールは、「技術習得の意義を再確認する」という役割を保ってくれると言えるでしょう。

 

KWスクールを見て私の体験談とか感じたこと

このKWスクールというライティングスクールをみて、私も過去に、ライティングを勉強していたことがあったなーと思いました。


5年前くらいですね、まだフリーランス駆け出しの頃に、
何から初めていこうかなと悩み続けていたこともあり、ライターをちょっとかじっていたことがあったのですが、辞めました笑


理由としては、当時はライティングに関する情報がなさすぎた
という部分で、ライティングについて学べる情報がまじで皆無。


もちろん、コピーライティングとかセールスライティングについての情報とか、
あとは、アフィリエイター向けのライティングの情報とかは割とあったんですけど、

 

「webライター向けの情報ってのがほとんどない」

そして、

「情報発信している人もいない、」

って状態だったんで、コスパ悪いなって思って辞めました。

 

王道ルートが見えないと、私、動けないんで笑
ウェブライターになるってのは辞めました。

 

 

ただ、今業界を見渡してみると、ライターの情報がかなり出回っているという事実。ここ数年で、情報発信バブルみたいになったというか、情報発信をしている人が増えすぎ問題ですね・・・・

 

一体、何人いるんだよっていう・・・・

 

まあそれはおいておいて、ライターとして活動している人が情報発信している以上、ベンチマークとして何人かを抑えられるので、その分はかなり良いのかなと思っています。

 

だから、数年前よりはよほど、ウェブライターで稼ぎやすいのかなとは感じますね。

 

「ライバルが増えたんじゃないですか?」とか言っている人がたまにいるんですけど、

 

今になっても、ライターという職業はまだあまり認知されていないですし、そもそも、「稼げるイメージ」がないからこそ、参入者が死ぬほど少ないです。

 

ライターよりも、デザイナーとかプログラマーの方が響きがカッコいいですよね、だから、副業をしようとなった時に、ライターをあまり始めようとしません。

 

さて、だいぶ脱線しましたが、もし今、5年前の私がKWスクールを見つけたとしたら、どうなってるだろうかなーと考えると、割と選択肢としては「可」だと思っています。

 

まあ、実際に入るかはわかりませんがw
話を聞いてみないとわからないけど、ライティングスクールというコンセプトは私も好きです。

実際、どんなスクールかはわかりませんが。

 

kwスクールの料金、受講料は非公開?

kwスクールについて色々と調べて行ったら、料金、受講料が非公開?の模様。


なぜ?と思って、調べていったのですが、料金は非公開の模様です。
値段はいくらなのかわかりません。

 

ただ、スクールで料金を非公開にしているところは多いので、そこまで特段驚くことでもないですが、こうなったら、個別に問い合わせるしかありませんね。

 

問い合わせて、色々とやりとりをした結果、金額の方はわかりましたが、KWスクールさんに迷惑がかかるといけないので、公表は控えさせて頂きます。(↑こういう所はしっかりしてる近藤さんを誰か褒めて欲しいと思う今日このごろw)

 

メールでやりとりをさせて頂きましたが、私は丁寧に対応してもらいましたよ。

他の人はどうか不明。

以上。

 

kwスクールは怪しいのか?

kwスクールは怪しいのかどうかについてですが、私は、

「別に・・・・・・そんなことはないと思うけどな・・・」

という感じです。

 

副業系とか、フリーランス系の業界を割と見てきて思うのは、

「怪しいかどうか?」と、「実際に稼げるかどうか?」は別であるということ、

です。

 

私が昔あったのは、「怪しくない!しっかりとした感じのスクール、教材」とかに参加して、でも、全然うまくいかなかった経験、とか割とあります。

 

それとは逆に、「なんか怪しい、不安」な教材とかスクールに参加して、

それなりにうまくいったこととか割とあります。

 

あと、意外と安心できないのが知名度ですね。

知名度って本当にあまり関係ないというか、稼げるかどうか別という感じがします。

 

逆に、知名度がない人のスクールとか教材の方が、意外と使えたりする(←これわかる人がいれば、かなりの通)

 

ってのが実情なので、私は別に怪しいとか怪しくないとかあまり気にしてないです。

 

もっとはっきりというと、

「怪しいか?怪しくないか?」は「稼げるかどうか?成功できるか?」にあまり関係がない、ってことです。

 

「別にそこは重要じゃなくね?」って感じがするので、あまり気にしてないですね。

 

実際どうかは、不明。

 

以上。

 

Kwスクールに入るべきなのか?

スクールに入るべきかどうかですが、

知らん。

っていう。

 

口コミや評判を見る限りでは良さそうな印象を受けるが、決めるのは自分だから、最後は話を直接聞いてみた方が良い、それでどんな感じなのか聞きつつ、最後は自分で決めるべき。

 

それが一番確実。

 

別に私はスクールの回し者でも何でもないので、好きに決めればいいっていうスタンス。

勝手にすれば?という。感じですね。

 

とは、ライターという職業やキャリアについて、ある程度、調べてから決めるのが良い。

そもそも、ウェブライターとは何ぞやがわかってるのか?

っていう。

 

「ウェブライターって何それ美味しいの?」という人と、「ウェブライターについて色々と調べた」という人では、スクール入会後のギャップを減らせるのは間違いない。

 

重要なのは、「ギャップ」であって、入った後と、前の差を極力小さくできるかが重要。

 

だから、ギャップを減らすためにも、ウェブライターについて事前に調べておくべき。

「記事を書かなきゃお金がもらえないというのは大変」

と考える人にはそもそもライターは向いてないし、やる必要性を感じない。

 

別のことをやった方が良いし、もはや、家で寝ている方が良いのではというレベル。

無理に、副業をやる必要はない。

 

こういうスクールとか副業をやる人に言いたいのは、

「ギャップを小さくせよ」

ということ。

 

そこにとにかく集中して、入会するべきかどうかを精査することが大事なのであって、誰かに人に聞いたり、調べたりすることではない笑

(とはいいつつ、こうしてレビューを書いているわけなのだが)

 

だから、ウェブライターについての知識を深めて、それでもウェブライターをやりたいということであれば、実際に、入会するべきかどうかを検討するべきなのである。

 

ということで、「ギャップ」という考え方を、まずは理解しよう。

 

そもそも、ライターは稼げるのか?

そもそも、ライターが稼げるかどうかですが、これもまた、

知らん、

っていうのが正直な所。

答えとしては、稼いでる人もいれば、稼いでない人もいる、というのが回答になってしまうだろう。

 

ただ、ライター業界の面白い所は、

「ライティングで稼いでる人が表に出ない」
「ライティングで稼いでる人が名前を知られない」

ということである。

 

まあ、これからライターで情報発信する人は増えていくかと思いますが、裏で稼いでる人はいるってことだけは把握しておいた方が良い。

 

ライターはあまり稼げないイメージがあるが、なんか「底辺感」を感じさせるからだろうか?
(失礼)

 

イメージの問題で、あまり稼げないのではないかという錯覚を覚えてしまう。ただ、実際はそんなことないので、注意。

という感じ。

 

だから、ライターってそもそも稼げるのか?という問い自体は、

別に稼げるよ

と伝えたい。

 

かっちょいい副業と地味な副業の2つがあれば、多くの人はかっちょいい副業に目が移りがちなんですが、稼げるかどうかを考慮した場合は、あまり関係なかったりします。

 

例えば、プログラミングとかデザインとかは、割とかっちょいいイメージがありますが、

実際、稼ぎやすいかというと、別にそうでもないっていうか、しっかりと技術を身につけなければいけない部分があるし、どうなんやろ・・・とは思います。

まじで、副業によるのではないのでしょうか。

 

今後、webライターの時代が来る?

私としては、webライターというのは今後、数年で、大きく流行っていくのかな?と勝手に思っています。

 

ブームというか、トレンドみたいな感じになりそうというか、「最新の副業」みたいな位置付けにどこかのタイミングでなるのではないだろうかと。

 

そーいう類の扱いに変わっていくのかなと勝手に思ってるんですけど、そうなった場合、ライターとして副業を始める人がかなり増えてると思うので、今のうちからライターを始めておいて損はないですよね。

 

ただ、一個気になっているのは、ライターという職業自体が、

「地味」なので、ブームになりうるのかな?という点。

何とも言えない部分です。

 

あとは、「ライター自体は前からあった」ということで、「目新しさがない」から流行るか微妙という点。

 

なので、「乗るんだ!このビッグウェーブに!」と自信を持って伝えられるわけではないです・・・はい・・・・

 

ただ、今後、間違いなくライターとして活動していく人は増えるでしょう。

間違いなく、今後増えていくと思います。

 

数年前であれば、スキルがあまりないライターでも、仕事にありつけていたのですが、今後は徐々に厳しくなっていくのかなと思っています。まあ、だいぶ先の話だとは思いますが。

 

kwスクールのコンテンツをレビューしてみる

さて、kwスクールの講座内容とかがわからないので、勝手に記事やユーチューブをチェックします。まあ、それくらいしか見ていく内容がないので・・・・

 

適当にピックアップしました。

【難しい?】Webライターの仕事内容は?何を書く仕事か現役ライターが徹底解説! - KWスクール ~1流のWEBライターを目指す~
Webライターの仕事内容ってどんな感じ?と思われていませんか。結論、Webメディアで文章を書けばWebライターなので、仕事の幅は無限にあります。とはいえ、それだけでは分かりづらいので、具体例を当記事では紹介いたします。
【困る】Webライターの自己PR・提案文・営業はどうしたらいい?現役ライターが解説 - KWスクール ~1流のWEBライターを目指す~
【保存版】Webライターのコツって?ライターが活動する上でのポイント15選を解説 - KWスクール ~1流のWEBライターを目指す~
【登録必須!】Webライターにおすすめのサイト7選を現役ライターが徹底解説! - KWスクール ~1流のWEBライターを目指す~
Webライターのおすすめサイトって何がある?という疑問に当記事はお答えいたします。現役Webライターの筆者が利用しておすすめできると思ったサイトを合計7つ紹介しますので、Webライターになりたいとお考えの場合はぜひ参考にしてください。
【真相】WebライターはiPhoneやiPadで十分?無理な理由をライターが解説 - KWスクール ~1流のWEBライターを目指す~
「WebライターってiPhoneで大丈夫?」と思われていませんか。結論として、iPhoneだけでWebライティングを進めるのは無謀です。できればPCを購入してください。当ページではその理由について、徹底的に解説していきます。
【難解?】Webライターの仕事の流れを徹底解説!【どんな仕事?】 - KWスクール ~1流のWEBライターを目指す~
「Webライターの仕事の流れってどんな感じ?」と思われていませんか。当記事ではWebライターの仕事の流れについて、現役月収40万円ライターの筆者の体験・経験をベースにまとめました。これからWebライターを始める際の参考にしてください。

 

記事自体はわかりやすく読めますね。そこはさすがウェブライターといった所でしょうか。

 

逆に、ライティングスクールなのに、記事がしょぼかったら残念すぎます(笑)

 

「いやいや、スクールやる前にお前んところの記事ちゃんと書けよ」

という風になりますからね。

 

とりあえず、ウェブライターに興味を持ったら、このサイトの記事を読んで、実際にライターという職業のイメージとリアルにギャップがないかを確かめる作業はしておいた方が良いですね。

 

上でも話しましたが、「ギャップがある」というのは、あまり、よろしくないです。

そこの作業はしっかりとやっておきましょうね。

 

あとは、ユーチューブですかね。

 

 

 

​​

割とわかりやすいですね。普通に勉強になるので、スクールには入らないけど、チャンネル登録はしておきましたw

うーん、無料コンテンツはかなり良さげ。
実際はどうなのか不明だが、まあ、悪い印象はありませんね。

 

kwスクールはwebライティング以外にも学べるのか?

わからん・・・・

調べても特に出てこない。

ただ、他の参加者の声のブログを見ていると、セールスライティングとかコピーライティングも勉強したみたいな声は出てくる。

ので、それらも勉強ができるという事だろうか。

実際にセールスライティングができる講師から学べるのかが気になるが、それらも学べると考えれば、割とありがたい所ではある。

ただ、ウェブライターに加えて、セールスライティングもできるようになっておいた方が良い。
確実に。

セールスがわかるとビジネス全体がわかるから、ライターという枠組みを超えて、他の大きな仕事もできるようになる。

 

セールスライティングがわかると、セールスレターの執筆ができるようになる。これはマジで儲かるw

やったことがある人がいるのかわからないけど、セールスライターとか1枚20万〜くらいが相場だから、できると、かなり稼げるw

ウハウハ状態。

あとは、そのセールスレターを成果報酬制で契約すれば、本当にウハウハ。みたいな事もできる。

別にセールスレターでなくても、FAXとか、DMでも同じ事。成果報酬制で請け負って仕舞えば、ボロ稼ぎ可能。

 

これは、ウェブライターとはまた変わってくるけど、

できるようになっておいた方が良い部分ではある。

 

イメージとしては、webライターで安定収入を確保しつつ、飛び道具的に、セールスライティングでドカンドカンと稼ぐイメージ。

 

そうすれば、ライターのキャリアとしてはかなり安定だろう。

 

で、そのくらいのセールスライティングのスキルが身につくのか、あくまでさらっとしか教えてくれないのか?

どれくらいなのかが気になるが、セールスライティングを教えているので、まあそこは評価できるだろう。

webライティングしか学べないところよりも、セールスライティングも学べるところの方が良いに決まってるしね。

 

webライティングで稼ぐことは果たして簡単なのか?

このテーマについて少し語ってみたいと思う。

「簡単か?どうか?」

ということであれば、「簡単の言葉の定義による」としか言えない。

 

「他の副業と比較したら」という意味であれば、稼ぐのは簡単だろう。


なぜなら、記事を書けば、お金をもらえるからだ。

仮に初心者ライターだったとしても、最低限の文章の作成方法さえわかれば、仕事はもらえるし、気合いで記事を書き続ければ、報酬は発生する。

そして、初心者ライターを脱出し、中級ライターになった後に、記事をこれまた気合いで書き続ければ、もっと稼げるようになる。

 

他の副業だと全く違う。

ちなみに、副業ごとにルールが違うと思ってもらえれば良い。

 

例えば、他の副業、プログラミング、システム開発、デザイン、映像制作、などのジャンルであれば、初心者は案件をもらうことはできないし、そもそも、技術が一定レベルにないと、そもそも、仕事にありつけない。

 

そして、「気合いでたくさんの案件をこなす」ということがなかなか難しくなる。

 

だから、デザインやプログラミングは、「気合いがあれば稼げる副業」ではないのだ。

 

そういう意味では、ライターは、「気合いがあれば、稼げる副業」ということになるから、

「他の副業と比較した場合、」稼ぐのは簡単である、

ということが言える。

 

これは間違いない。

 

ただ人によっては、文章を書くのが辛い、という人がいれば、(まあ、そんな人はウェブライターをやらないと思うが)

「ウェブライターで稼ぐのは簡単」とはならないと思う。

 

だから、そもそも、簡単の定義によって、だいぶ意味合いが変わってくる。

ただ、ここで伝えたいのは、他の副業と比べた場合、やはりハードルが下がるからして、チャレンジしてみても良いのではないかと考えている。

 

副業は全体的に難しそう。今から始めても稼げるかどうか不安。自分なんかが副業で稼げるんだろうか、

となっている人はウェブライターをやるのが個人的にはおすすめ。

 

他の副業との比較で申し訳ないのだが、私は、そう感じている。

 

「他の副業と比べて、ライターが簡単?ウェブライターを舐めるなよ!」とライター本職の人からは聞こえてきそうで、すみませんなのですが、事実、主婦の人や、片手間でライティングをして稼いでる人は、クラウドワークスにちらほらいる。

本当にちらほらいる。

 

だから、一定数、こっそりと稼いでる人は存在してるんだろうなーと思う。表に出ないだけで、裏には結構いるという事実。

 

初心者の人ほど、「露出が激しくて、今有名で、表立って稼いでる人が多い」副業に飛びつきがちなんですけど、これじゃーダメなわけですね。

この意味が知りたい人は、イノベーター理論でググってみましょう。多分、意味がわかると思いますよ。

レイトマジョリティ、ラガードは負け組です。

 

ビジネス上では絶対に稼げる側に回ることは不可能なので、やるなら、本気で頑張った方が良いです。

 

じゃないと、稼げないまま泥沼にはまります。

そこは絶対に押さえておきましょうね。

 

KWスクールの評判、口コミまとめ

まとめです

さて、まとめですが、

「ライターの仕組み、稼ぎ方」などをしっかりと調べた前提で、スクール入会前と後のギャップを減らせるか?

が非常に重要である、というのが私の意見です。

 

実際に入るかどうかは、それを踏まえて、決定すれば良い案件です。

 

あとは、直接話を、本人に、スクールに聞いてみるのが一番ですよ。
調べるよりも話を聞く方が早いです。

それで、いいなと思ったら入ればいいし、微妙だと思ったら、入らなければいいというだけの話、なので、迷わず、直接聞きましょう。

 

それが一番、確実です。ピンと来るかどうかで、決めればいいだけの事。

 

ですね。なんか文章書いてたら、私も久しぶりにライティングを勉強したくなってきましたw

kwスクールの名前は覚えておきます。また、1年くらい経った後にどうなっているのか、レビューしてみたいですね。

そこでまた、進捗が見られると思うし、コメントとか口コミが増えてるから、レビューもしやすそうw

コメント

タイトルとURLをコピーしました